開業祝いの贈り物の相場はこれくらい

開業祝いや開店祝いには、現金やお品物を渡します。事業を始めたりお店を持ったりするのは、人生でそう何回もあることではありません。よって身近な人がそういった大きな事を始めたら、十分なお祝いをしてあげたいですよね。しかしお祝いをする前に、その相場を知っておく必要があります。開業するのがあなたの親族か、お友達かで実はお祝いの相場が変わってくるのです。こうした基本的な点を踏まえて、お気持ちのこもったお祝いをしてあげましょう。あなたからみた関係ごとに、相場をお伝えします。親族が開業するケース、お友達が開業するケースの開業祝いの相場をお伝えします。「今のところ開業祝いなんて送る予定ない」というあなた。いつそういう機会がくるかわかりません。知っておいて損はありませんよ。

親族に開業祝いを贈る時の相場は?

まずは開業祝いを贈る相手があなたの兄弟や親戚である場合。親や子どもであれば3万円から5万円、兄弟・姉妹であれば2万円から3万円、親戚であれば1万円から5万円が相場です。開業祝いを親族に贈る場合、花などのお品物よりも現金を包むケースが多いです。親族の場合「開いたお店の資金にしてほしい」という意味合いでお祝いするのが大きな理由です。こうした傾向から相場より少し多めの金額を包む人も多いです。「お金でなく物でお祝いしたい」という場合は相手が欲しがっていた物を贈るのをおすすめします。親族ですと「どんなのが欲しい?」と聞きやすいのではないでしょうか。聞く機会がないなどでもし相手の欲しい物がわからない時は、もらう側がお品物を選べるギフトカタログをおすすめします。

開業祝いをお友達に贈る時の相場

開業祝いを贈る相手があなたのお友達である場合、そこそこのお付き合いがある方なら5千円、仲の良いお友達であれば1万円が相場とされています。親族への開業祝いに現金が多いのに対し、お友達へのお祝いはお品物が一般的です。欲しい物を直接聞くのもいいですが、特に喜ばれるのは電化製品。例えばカフェなどお店を開く場合、必要な備品をいっぺんにそろえられる人はあまりいないそうです。そのため電球や電子レンジなどをあげると出費が抑えられる、自分で探して買う手間がなくなるといった点で喜ばれます。他には観葉植物が人気。お店やオフィスの片隅に緑が置いてあると落ち着きます。観葉植物初心者にもお世話が簡単なポトスやパキラがおすすめです。あまり場所を取るような植物はやめておきましょう。